ひとり親 シングルマザー支援 児童扶養手当


基本的に行政は縦割りなので素人にはわかりづらいです。

ここで重要なのは徹底的に聞きまくるということです。

何度聞いても無料ですから自分が納得するまで聞いたほうがいいですよね。
いくら悩んでも解決策が見いだせないことはよくあります。



ここは役所・無料サービスをうまく活用して問題をクリアーしていきましょう。

特に地方ですと知り合いが役所に勤めていて、同級生が偶然に電話口に出たら恥ずかしいと心配する方がいます。

そういった場合は違う役所に電話して聞けば大丈夫です。

いちいち自分の本名・居住地域を聞かれることもないので、全国どこの役所に電話して聞いてもOKですね。


養育費の取り立て

・督促したいけど嫌がらせ、暴力が怖い
・元夫が引越してしまい音信不通
・勤務先を退職してしまい連絡がつかない
・家庭内暴力で離婚したので直接連絡を取りたくない
・離婚当初だけ養育費は振り込まれたが三年経過した現在はゼロ
・不倫相手と再婚し子供が生まれたので支払ストップ

様々な理由で養育費を支払ってもらえないケースが増加しています。
ここは可愛い子供の将来のために毅然とした態度をとりましょう。

法律事務所は着手金ゼロであなたに代わって養育費を取り立てます。
もちろん慈善団体ではありませんのでお金はかかります。
負担費用は毎月の養育費の一割が弁護士事務所の取り分となります。
これでしたら持ち出しはないので気軽に弁護士事務所を利用できますね。

まずはメールで今の状況を教えてください。
相手の出方によっては強制執行など法的手段で合法的な取り立ても行います。
また行方不明の相手でも合法的に居場所を探し出すことが可能なのでお気軽にご相談ください。

↓養育費取り立て無料メール相談受付中↓
養育費の専門家イストワール法律事務所 養育費プロモーション


私なりに分類してみました。

@ 児童手当(離婚しても従来通り支給されます)

A 児童扶養手当(4万円代、子供の人数によって違う、所得制限はあるが持ち家は駄目というのはウソ)



B 医療費の補助(ママが病院にかかった場合の話、子供は元々無料です)

C 給食費・修学旅行・入学準備などの減免・補助(教育委員会の総務課)

C 生活保護の申請・受給(福祉課担当、これが一番厄介だと思います)

D 住宅支援(市営住宅の優先入居、稀に家賃補助する自治体あり

生活保護は水際作戦といってとりあえず最初はお断りするという役所が多いみたいです。



それでもしつこく通えば話を聞きましょうというスタンスが当たり前と思った方がいいです。

最初から甘い期待をすると裏切られた時のショックが大きいですからね。

ただ生活保護に関しては誤った解釈が結構横行しております。

例えば持ち家の人は家を売却しないと生活保護は貰えないという都市伝説が有りますがこれは嘘です。

もちろん大豪邸は別ですが一般的な戸建住宅・マンションンならそのままでOKです。

地域によって相場があるようですが1000-2000万ぐらいでしたら問題ないみたいですね。

自分で勝手に判断しないでとりあえずダメ元で聞く姿勢は持った方がいいと思います。

離婚も終わり一息ついた皆さん…
そういえば結婚・婚約指輪はどうされていますか?

色々な想いもあるかと思いますが、

捨てる前に、質に入れる前に
ちょっとまった!!!

|||本当は勿体無い結婚指輪の処分方法||||

53%の人がリングを捨て
21%の人が近所の質屋に売り
13%の人のタンスに眠り
8%が返却と、5%がどこに行ったか忘れています。

日本人の離婚者のうち
「11万人」の方はリングを捨ててしまっている現状があるのです。

★★結婚指輪はリングオフにまず相談★★



まずはリングオフでしっかり査定してみませんか?

<<<只今シンママ応援キャンペーン中!>>>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・母子家庭のお客様の買取額10%UP
・お子様向けの図書カードプレゼント

ぜひこの機会をお見逃しなく!

 
少子化の時代、子供は日本国の貴重な財産です。

シングルマザー・ひとり親で大変だとは思いますが行政もいろんな支援をしてますので
頑張って子育てお願いします。

少しでもお役に立てるようにこのホームページを開設しました。

役所の人間は基本的に他のセクションの仕事を知りませんから、自分から質問していかないと本来もらえる助成・補助金額が貰えなかったという子供さんにとっても不幸な結果になります。

ホームページなどでよく勉強してから手続きをしましょう。



 

 

基本的に行政は縦割りなので素人にはわかりづらいです。

 

ここで重要なのは徹底的に聞きまくるということです。

 

何度聞いても無料ですから自分が納得するまで聞いたほうがいいですよね。
いくら悩んでも解決策が見いだせないことはよくあります。

 

 

ここは役所・無料サービスをうまく活用して問題をクリアーしていきましょう。

 

特に地方ですと知り合いが役所に勤めていて、同級生が偶然に電話口に出たら恥ずかしいと心配する方がいます。

 

そういった場合は違う役所に電話して聞けば大丈夫です。

 

いちいち自分の本名・居住地域を聞かれることもないので、全国どこの役所に電話して聞いてもOKですね。

 

東京近郊でしたら池袋に出かけた際に新しくできた豊島区役所(高層マンションンと同居)で見学がてら直接質問するのもいいかもしれません。

 

 

私なりに分類してみました。
@ 児童手当(離婚しても従来通り支給されます)

 

A 児童扶養手当(4万円代、子供の人数によって違う、所得制限はあるが持ち家は駄目というのはウソ)

 

 

B 医療費の補助(お母さんが病院にかかった場合の話、子供は元々無料です)

 

C 給食費・修学旅行・入学準備などの減免・補助措置(教育委員会の総務課)

 

C 生活保護の申請・受給(福祉課担当、これが一番厄介だと思います)

 

D 住宅支援(市営住宅の優先入居、自治体によっては稀に家賃補助がある

 

生活保護は水際作戦といってとりあえず最初はお断りするという役所が多いみたいです。

 

 

それでもしつこく通えば話を聞きましょうというスタンスが当たり前と思った方がいいです。

 

最初から甘い期待をすると裏切られた時のショックが大きいですからね。

 

ただ生活保護に関しては誤った解釈が結構横行しております。

 

例えば持ち家の人は家を売却しないと生活保護は貰えないという都市伝説が有りますがこれは嘘です。

 

もちろん大豪邸は別ですが一般的な戸建住宅・マンションンならそのままでOKです。

 

地域によって相場があるようですが2000-3000万ぐらいでしたら問題ないみたいですね。

 

自分で勝手に判断しないでとりあえずダメ元で聞く姿勢は持った方がいいと思います。

 

今まであまり真剣に考えてこなかった生命保険についてもこの機会に見直ししてみましょう。

 

  • シングルマザーなので病気で働けない時が心配
  • 離婚したので前の保険を解約して新規加入したい
  • 自分の母親をガンで亡くしているのでがん保険に関心がある
  • 将来子供には大学進学させたいので、学資保険に興味がある

 

 とにかく便利

 

全国500ヶ所の窓口センターで無料相談に応じます。
駅前ビル、イオンショッピングモール、ヨーカ堂など貴方の希望地で面談できます。

 

↓買い物帰りに相談できる↓

 

 両社とも保険加入の義務は全くありません。
万が一勧誘電話があっても他所で良い保険が見つかったのでそこで契約したといえばそれで終わりです。
ご安心ください。